畳はどこで買う

畳はどこで買う?

畳はどこで買う

 

畳はどこで買うのが良いのでしょうか?おすすめは三条たたみです。

 

三条たたみは全国シェアナンバーワンということもあり、非常に評判が良い畳屋といえます。

 

なんといっても、三条たたみならウェブ限定2,700円の低価格で畳替えができるので、ネットでは口コミで話題となっています。

 

口コミでは、こんなに安くきれいにできるなら早く利用していればよかった、という声が多いようです。やはり、格安なのに綺麗な仕上がりに満足する方が沢山いるみたいですね。

 

格安な畳替えだと質が悪いことを心配する声が多いですが、実際に利用した方の声が聞けると安心して依頼することができます。

 

また、見積もりや作業にきた担当者に対する口コミも多く、作業員のテキパキした仕事に好感を持てた、丁寧かつ、迅速な対応が良かった、などサービスの質も高評価となっています。

 

畳替えに関しては専門的な知識がない方が多いので、わかりやすく丁寧な説明をしてくれると助かりますよね。

 

また、アフターサービスもしっかりしていて、一年無料補償がついてみるので、万が一、畳を汚してしまうことがあっても安心です。

 

安心、安い、信頼できる畳屋をお探しなら、ぜひ三条たたみに一度問い合わせてみてください。
⇒三条たたみの公式サイトはコチラをクリック

一般的な張替えの料金相場

畳の張り替えは張り替えの内容や、畳の材料、枚数、仕上げなどによって料金が変動します。

 

畳の張り替えには主に3種類あり、3年から5年経過なら裏返し、5年から10年経過なら表替え、15年以上経過しているなら新畳、というように使用年数によって張り替え内容が変わります。

 

一般的に畳の張り替えをする際は表替えが多いようで、地域により差がありますが、1帖7,000円から10,000円程度で張り替えが可能です。

 

10,000円のものであれば上質な材料を使用しているので、安心して張り替えができます。

 

中には3,000円程度の格安張り替えもありますが、価格が安いため使用する材料も品質は悪いものになります。

 

かといって、20,000円以上するものはお寺や高級料亭向けといえるくらい上質ですので、一般家庭の畳の張り替えであればそこまで高いものではなくて大丈夫です。

 

畳の土台が寿命で全て取り替える必要があるのではあれば、新畳になります。

 

畳の土台部分の材料によって差がありますが、1帖12,000円から20,000円で張り替え可能です。これも4,000円から5,000円でできるものもあれば、20万以上するものもありピンキリです。

 

価格によって質が変わるので、よく注意して検討した方が良いといえます。

畳の寿命はどこくらい?

畳の寿命は何年と決まっているわけではありません。畳の使い方や手入れの仕方によって差があります。

 

だいたい15年程度使用すると、畳がボコボコしてきたり、畳同士の隙間が空いてきたり、畳表にささくれができたりします。

 

15年経過すると畳の張り替えは新畳といって、畳の土台部分から全て取り替える必要があります。

 

5年経過で畳表の日焼けや小さな傷などの問題が生じるので畳の裏返しを行い、10年経過で畳の毛羽立ちや大きな汚れの目立ちなどが見られ、畳の土台部分は残し、畳の表替えを行います。

 

畳の寿命を少しでも長くするためには、畳の大敵である湿気を逃しましょう。畳は湿気を吸収しやすく、カビや害虫がどんどん発生していきます。

 

カビや害虫によって畳が傷むペースが加速していくので、それを食い止めることが大切なのです。年に2回程畳を干すことをおすすめします。

 

春、秋の晴れた日に畳を外に干すだけで効果が得られます。干す場所がない場合は、畳を上げて空き瓶や缶などを置いて風通しを良くしておきましょう。

 

湿気をそのままにしておくと、畳の寿命は短くなっていくので、こまめなメンテナンスが大事です。

 

⇒三条たたみの公式サイトはコチラをクリック

更新履歴