畳の張り替えを自分で行う

畳の張り替えを自分で行う

畳の張り替えを自分で行うのは、一見難しそうに見えますが、市販のDIYキットや畳修正キットを使えば誰でもできます。

 

簡単に要領を説明すると、畳のヘリにカッターで切り込みを入れて糸、釘を外して縁を剥がし、古い畳の上下の糸を切ります。

 

古い畳表を剥がしたら新しい畳表を取り付け、分厚い本などで畳床の両脇に上から体重をかけた状態でピンと張っていくと綺麗に仕上がります。

 

作業する前に、作業スペースを十分に確保してください。畳一枚分の他、作業するスペースが十分でないと、スムーズに作業できなくなるので、時間がかかります。

 

DIYキットによっては両目テープで畳表を貼るタイプもあるので、一人でも綺麗に仕上げることができます。

 

しかし、畳替えの作業は面倒なことも多いので、一番いいのは業者に依頼することです。業者に畳替えをしてもらうと、仕上がりが綺麗なだけでなく、失敗がありません。

 

自分で畳替えをすると失敗してしまったときに、まだ使える畳をだめにしてしまうこともあるので、買い換えることになると余計な費用がかかってしまいます。

 

そういったことから業者に畳替えを依頼するのがおすすめです。

 

畳はどこで買う